天気痛

 In 利枝子のささやき

「天気痛」最近よく聞くようになりました。

気圧の変化で体調を崩す「天気痛」に悩む人が増えています。

ちょっとチェックしてみてください。

1、なんとなく、雨が降りそうだとわかる。

2、季節の変わり目に体調を崩しやすい。

3、冷え性だ。

4、乗り物酔いしやすい。

5、よく耳鳴りがする。

もし当てはまるものがあれば、天気痛の可能性があります。

天気痛が起こる仕組みは、

①、気圧の変化が発生(台風や梅雨時期は特に多発)

②、耳の内耳にある気圧センサーが変化をキャッチ

③、体がストレスを感じて自律神経が乱れる

④、交感神経が過剰に働くことで頭痛・めまい・耳鳴り・関節痛などが起こる

という流れになります。

予防するためには、自律神経の乱れを抑え、敏感すぎる内耳を守ることです。

簡単な方法として、酔い止めのツボを刺激することや耳の後ろにあるツボ押し、耳をくるくるまわすマッサージ、耳にホットタオルも効果あります。

不調を感じたらめまい薬服用も効果があり、特に漢方薬が効果あります。

それ以外にもスマートアプリに天気痛予報があります。

それをうまく利用して、天気痛リスクを抑えましょう。

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA