正解がわからない

今夜2月の定例会を開催しました。

以前「赤から鍋」のお店だった場所に、焼き鳥屋さんが開店しました。

教室の一番近いお店なので、開店したのを知って気になっていました。

メンズフィットネスのメンバー3人と一緒に、教室終了後立ち寄りました。

2回は座敷になっていて、落ち着いた感じのお店になっていました。

食べ物は何を食べても美味しくて、私はノンアルコールのビールをいただきましたが、満足の定例会になりました。

飲みながら食べながら色々なお話をしましたが、後半になって「正解がわからない」会話になりました。

それは病院に行って検査をするかしないかの話でした。

特にガンに関しては、早期発見早期治療が鉄則と言われています。

しかしながら、治療をしたことでそれが引き金になり、がんが広がったということも聞いたりします。

ご年配の方が入院をすることで認知症が進んでしまったり、体が動かなくなってしまうことも多々あります。

だからわざわざ調べて治療などはしない方が良いという考え方もわかります。

私はどちらかというと・・・、病院には行かない派です。

理由は簡単です。

病院が嫌いなのです。。。

そしてわざわざ病気を探しに病院に行くのはナンセンスだと思っています。

もちろん体調が悪ければ病院には行きますが、元気なのに行く必要はないものだと考えます。

病院に行く人の意見としては、とにかく早く見つけて治療する事が大切で、手遅れになってしまうなんて以ての外だということでした。

それも一理あります。

だからこそ、この話には正解が見つからないのです。

どちらにも頷ける点はあります。

ただその人の経験や周りの環境などによって、考え方は変わってきます。

もう一つあるのは、年齢の関係でしょうか。

若い人だと早期発見早期治療は大切ですよね。

ご高齢であれば、そのままでも一緒に仲良く生きていけるのであれば良いという考え方もあります。

さて、本当に正解がわからずモヤモヤです。

菜種梅雨

今日は朝から18度という2月にしてはびっくりする様な気温でスタートしました。

とにかく昨日の雨の影響で湿気がひどくて、マンションの入り口の窓が全く見えなくなっていたし、床はビチョビチョに濡れていて歩く時に滑らないように慎重になりました。

こんなに酷いのは梅雨の時期と同じくらいで、2月なのにって思ってしまいました。

天気予報士に言わせると、この状況はまさしく菜種梅雨だという事でした。

通常ですともう少し先だと思うのですが、やはり地球温暖化で季節が早歩きでやってきている気がします。

今日は有難いことに晴れ間があり、気温がグングン上がりました。

朝着ていた上着は車の中に入れたままで、夜になってやっと必要になりました。

明日は気温がグッと下がるそうなので、とにかく気をつけてくださいね。

熱でも出したら、様々な病気を疑われて大変なことになります。

洗濯もしたものの今夜は部屋干しになっています。

明日は一日中雨のようですし、今週は土曜日のみが晴れだそうですから、洗濯物ついては気持ちよく乾かすことはちょっと難しいかもしれませんね。

のれんの様になっている洗濯物を見ながら、これ書いています。

不思議な気候

朝家を出て車に乗って外気温を見たら、雨が降っていましたが15度を超えていました。

天気予報で最高気温が15度と言っていた気がしましたが、この時点でその気温になっていました。

もう気温は上がらないということですね。

最低気温が13.5度だったかな?

とにかく一日雨が降って風が強く吹いたりして、ちょっと荒れた天気になりました。

気温だけは春でしたが、お日様がなかっただけで寒く感じました。

午前中の教室では、1年に1度の来年度講座の合格発表の日でした。

大学受験と同じで、壁に名前が張り出されていました。

実は覚悟をして出かけたのですが、例年とは違っていてなぜか今年は皆さん落ち着いていました。

落ちた方々が割と冷静に受け止めていて、ワーっと言ってくる方がいらっしゃいませんでした。

連続して合格した方が多かった気がします。

合格した皆さんは嬉しそうでした。

おめでとうございます。

残念ながら落ちてしまった方達には、同好会のご案内をしておきました。

講座と同じ月2回やっていますので、引き続き体操が続ける事ができます。

運動も習慣なので、一人では続けにくいのであれば同好会は最適だと思います。

1回500円ですが、コーヒー1杯と思えば高くはないと思いますし、健康でいられる期間を伸ばす為にはとても有効だと思います。

4月から何人いらっしゃってくださるか、今から楽しみにしています。

今のメンバーで体操ができるのが残り2回となりました。

最後までしっかり指導させて頂きます。

春の兆し

今年になって初めて伊勢神宮にお参りに行ってきました。

友人がどうしても行きたいと申し出があったので、3年連続で行く事ができました。

恒例となっているので、朝家を5時に出発友人をピックアップして一路車で向かいました。

残念ながら雨が降っていましたが、寒さはなく道も渋滞なくスムーズに7時には現地に到着できました。

いつも停める駐車場も余裕で空いていました。

この場所を覚えてからは、毎回ここと決めています。

お天気の影響もあったと思いますが、参拝にいらっしゃっている人数は少なめに感じました。

私達はこの静かさと澄んだ空気が大好きで、清々しい気分になります。

お参りを済ませて、会社用にお札を買いました。

友人が鈴が欲しいということで、お店が開くまでの時間を大好きな赤福でお茶をすることにしました。

赤福のお店も空いていて、外の縁側で五十鈴川を見ながらゆっくり時間を過ごしました。

8時半にもう一度内宮に戻り、鈴をゲットしました。

その時に梅の花が咲いていて、近付くとほのかな香りがしました。

梅のお花は派手さはありませんが、香りが醍醐味だと思っています。

そこで見つけたのは、鶯です。

鳴いてはいませんでしたが、梅の木に2羽の鶯を身くけて春の兆しを感じました。

そこから9時に開く「へんば餅」のお店の開店を待ってお土産を買い、様々なお土産を売っている大型のお店に行き、見て回っていると試食がたくさんあって、ちょっと小腹が空いていたので美味しくいただきました。

9時半には伊勢神宮を出発しました。

友人のリクエストがもう一つあって、アクアイグニスに行ってパンが買いたいと言っていたので、そちらに向かいました。

そこでまず一番人気のカレーパンを買い、それ以外にも焼きたてパンの香りに惹かれていくつかカゴに入れてしまいました。

パンは普段はあまり食べないのですが、やはり焼き立ては格別です。

アクアイグニスにはレストランが数店舗あって、それほど混んでいませんでしたが、私達は車の中で焼きたてパンを食べて、水筒に入れてきたコーヒーを飲んでランチは終了。

二人で安上がりのお昼ご飯だったねと笑ってしまいましたが、大満足でした。

その時点で時間は11時過ぎ、友人を自宅に送ったのが12時でした。

予定通りにお昼には帰って来られました。

毎回この感じですが、良い休日を過ごせて良かったです。

中田屋

メンズフィットネスの生徒さんから、金沢市の老舗和菓子屋田中屋のきんつばをいただきました。

中田屋は創業昭和9年だそうです。

私が和菓子を好きなことを知っててくださるので、定期的に持ってきてくださいます。

この中田屋さんのきんつばは、季節に合わせて作られています。

今の時期は「さくら」です。

包装紙も桜色のピンクですし、きんつばのあんこは白餡でさくらの花があしらわれています。

少しだけ塩気が効いていて、本当に美味しいきんつばです。

以前は定番の小豆のきんつば、えんどう豆のきんつば、栗のきんつばもありました。

どれも上品な甘さで美味しい和菓子ばかりです。

金沢市は震災の影響も少しはある様ですが、中田屋さんは通常営業ができている様子です。

良かったです。

1日も早く復興が進むことを願っています。

その為にもボランティアは無理ですが、買い物で貢献できたらいいですね。

今回は私が購入したわけではありませんが、美味しく食べて貢献した気持ちになっています。

これからは私も見つけて購入します。

微力ですが、被災地の応援をしていきます。

焼き芋

週に一度、生徒さんの営む八百屋さんに買い物に行きます。

買いたかった物は、デコポンの小さいサイズで「不知火」という品種の果物です。

以前袋詰めにすると時に半端になったものをいただいて食べたら、とっても美味しくて感動しました。

味はデコポンと同じく甘くて果汁たっぷり、とにかく皮もむきやすく薄皮で食べやすい果物でした。

もしあったら買いたいと思い寄ったのですが、今日は売り切れていて買えませんでした。

残念!!

その代わりにキウイ5個入りをヨーグルト用に買いました。

それ以外にも野菜などを購入、お会計をしていたら生徒さんが「今日は残念だったね、焼き芋焼いているけどまだ焼けてないんだよね。もう少し遅かったら良かったね。」と言われました。

キャー、大好きな焼き芋逃した・・・。

時々タイミングが良いといただけるのですが、生徒さんの焼き芋最高に美味しいのです。

お店によるのがちょっと早すぎたのね〜。

心残りはありましたが、そのまま教室に向かいました。

レッスンが終わると、生徒さんがカバンから何やら新聞紙に包まれたものを2個渡されました。

アレ?温かいぞ!!

そうなんです、焼き芋2本持ってきてくれました。

ヤッター、♪───O(≧∇≦)O────♪

もう嬉しくて、家に戻ってすぐ食べました。

私が作るストーブの上で役焼き芋のとは違って、オーブンでじっくり焼く焼き芋の味は本物の味です。

時期の物ですから、もう少しの間楽しめそうです。

好物ありがとうございました。

企画案

NHK文化センター梅田教室から企画案が届きました。

来年度4月以降で講座を開催したいとご依頼があり、それをどのように現実化するか担当者の方が一生懸命考えてくださいました。

いろいろ検討しないといけないこともある中、お互いに折り合いがつく方法を話し合いながら形にしてくださいました。

私の一番懸念している点は、全くメジャーではない私の講座を高めの受講料を払ってまで受けにきてくださるだろうかという事です。

企画案には告知方法として、ホームページやX(旧Twitter)、Facebook、全国メール会員5万人へのダイレクトメールなどとなっていますが、最大40名は難しいのではないかと思っています。

自信の無さが最大の敵なんですが、やはり大丈夫とは今は言えない気の弱さがあります。

しかしながら、ここまで来たら何とかして頑張らないといけないとは思っています。

多分担当の方も不安はきっと持っていらっしゃると思います。

お互いにその不安を少しでも減らせるように、もっと話し合いをして行った方が良いと思います。

一人が頑張っても成功はできないと思うので、まだ一度もお会いしたことはありませんが、力を合わせて良い方向に向けていきたいものです。

明日企画案についてお返事のメールをするつもりです。

今年はチャレンジの年と決めた以上、前向きに考えてお話進めてまいります。

強さと弱さ

お通夜に行ってきました。

夜8時半過ぎに葬儀場に着きました。

2階に上がると控室に喪主である友人の長女さんがいました。

何度か会ったことがあったので、すぐ私を認識してくれて彼女のいる部屋に案内してくれました。

そこには彼女のお孫さん3人を含め、ご親戚の皆さんだけではなく長女さんの友人などもいらっしゃって、賑やかな雰囲気でした。

湿っぽいのは嫌だったので、あえて賑やかに送ってあげたいというご家族の意向がそこにありました。

棺の中の彼女との対面は、想像していたのとは違って大変穏やか表情で驚きました。

苦しまずにスーッと息位を引き取ったと聞きましたが、今まで痛みと闘っていたので痛みから解放されて楽になったのだろうと思いました。

食道がんの末期で最後は食事ができず、点滴もできなかったそうです。

痩せてはいましたが、娘さんが綺麗にお化粧をしてくれていたのがとても印象的でした。

会えたら色々言いたかったことがたくさんありましたが、今までありがとうと言いました。

本当によく頑張ったね。

娘さんに初めて病気の経過を聞くことができました。

4年前に食道がんが見つかっていたそうです。

しかしながら、そのことを誰にも言っていなかったこともわかりました。

娘さん達はもちろん、仕事のパートナーにも、もちろん私にも・・・。

なんで誰にも言わなかったのだろうと、疑問が湧きました。

私だったら一人で受け止めることなんてできず、絶対大騒ぎしてしまうだろうと。

強い人だったんだなって。。。

でも娘さんは逆のことを言いました。

「弱い部分も持ち合わせていたから受け止められなくて、誰にも言わなかったのだと思う。」

余命宣告3〜4ヶ月と言われた時は、本当に狼狽えていたそうです。

その頃会っていますが、私には前向きにことしか言っていませんでしたから、自分を鼓舞していたのかもしれません。

気づいてあげられなかった事が、本当に辛いです。

一人で抱え込んでいたのだとわかったから、何でその辛さを吐き出してくれなかったのかって、私をもっと必要としてくれたら良かったのに・・・。

あなたは強い人だったと思う。

昔よく行っていたグアムにもう一度行きたいと望んだけど体力的に無理だったから、沖縄に家族旅行に行ってきたと聞きました。

車椅子だったけど行けて良かったね。

娘さんも親孝行ができて喜んでいました。

たまにはわがまま言っても良かったんだよ。

もっと私にもわがまま言って欲しかった。

私はあなたの分まで生きますね。

最後に娘さんにお願いをしてきました。

「私に何か形見分けにください。」と。

あなたと一緒にこれからも頑張るために・・・。

天国でこれからも私を応援して見守ってください。

寂しいけどお別れです。

安らかにおやすみくださいね。

訃報

私が25歳の時に知り合った友人が亡くなりました。

それはとても突然でまだ信じられません。

知り合ったきっかけは、まだインストラクターとしては駆け出しの頃に、知り合いから教室の代行を頼まれました。

そこに生徒さんとしてきていて意気投合し、彼女が雇われ店長としてやっていた洋服屋さんに行くようになりました。

そこから私の洋服は全て彼女の見立てになりました。

そのお店のオーナーが閉店を決めた時に独立をしました。

それからはそのブティックに通い、先日もそのお店で買い物をしました。

1年くらい前から体の調子が悪く、最後にお店で会った時も食事が取りにくいのかかなり痩せていて心配していました。

娘さんが二人いて、交代でお世話をしているとも聞いていましたが、ナーシングホームに入ったと聞きました。

そして昨夜娘さんから初めてLINEで状況が送られてきました。

あまり良い状態ではなく、担当医からはあまり長くないと言われたと・・・。

よかったら会いにきてやって欲しいと書かれていました。

あまりの状況の変化に言葉にならないほどのショックを受けました。

何とか返事をして、いつ面会に行こうか考えながら休みました。

朝携帯の確認をすると、4時に「今亡くなりました。また連絡します。」とLINEが入っていました。

頭が混乱してしまいました。

今週末に会いに行こうと思っていたのに、何で・・・。

最後に会いたかった、本当に会いたかった。

年齢は64歳、私とは一つ上でしたがいつも頑張っている同志でした。

お互いに会社を作って頑張っていたので、励まし合ってきました。

私の大事な行事の時は、彼女が全てコーディネートをしてくれました。

還暦祝いのパーティーには、水色のドレス。

会社10周年記念パーティーでは、赤のロングドレスを選んでくれました。

どちらも初めは似合う?って悩んだのですが、彼女はいつも絶対似合うから大丈夫と言ってくれました。

今となってみたら、本当に似合っていてお気に入りです。

ブティックの店長として、お客さんの似合う服を的確に選び勧める天才でした。

お客さんはみんな彼女が大好きでした。

これから私はどう服を選んだら良いのだろう・・・。

明日夜の教室が終わったら、お通夜に行きます。

最後のお別れに。

家族葬でなくて良かった。

なんて声かけたらいいのか・・・。

今までありがとう。

よく頑張ったよね。

ゆっくり休んでね。

やっと新年会

会社の新年会をやっとやることができました。

残念ながら参加していただけた方達は少なかったのですが、スタッフが紹介してくれたお店はとってもサービス精神旺盛で美味しい韓国料理がたくさん出ました。

私はお昼ご飯を控えめにして臨んだおかげで、最後までしっかり美味しく食べられました。

月曜日が定休日だったのですが、6人以上だったらお店を開けてくださると言うことで無理を言ってやっていただけました。

店主は韓国の男性、スタッフはご年配の男性、珍しく女性のスタッフはいませんでした。

でも何も問題なく良いお店でした。

今日はチャレンジをしようと前日から準備していました。

こんな時くらいしか着物を着る機会がないので、去年同様に着て行こうと決めていました。

しかしながら、NHK文化センターの仕事があったので、急いで帰ってきてから髪をアップして着付けして新瑞橋のお店まで歩いて行く事を逆算すると、かなり急いで支度しないと間に合わない状況でした。

15:20に教室が終わり着替えて出ると15:35頃、祝日なのでいつもの駐車場には停められないので離れた駐車場まで急いで歩きそこを出ると15:45頃、家に戻ると16:10には着く感じ。

そこから髪をアップ、一回で成功しないとグダグダになってしまうので真剣に取り組む。

NHKに行く前に準備をしておいたので、そのまま着付け開始。

長襦袢は成功、着物まで順調、残りの帯が時々やり直しになることが多かったのですが、今日は上手く行きました。

家に着いてからここまで約50分かかりませんでした。

着付けに関しては30分ほどで着られました。

これはかなり自信につながります。

時間に余裕ができたので、細かいところのチェックをして完璧にして出掛けられました。

17:20には家を出て店に向かいました。

20分ほどで店の近くまで行けましたが、思ったよりも早く着いてしまったので17:45まで待って店に入りました。

今日の着た着物は、生徒さんからいただいた洗える着物と帯、羽織も頂いた赤い総絞りのもの、バックも頂いたもの、全てが生徒さん達から譲り受けたものばかりです。

せっかく頂いたものですから、活用させていただけてよかったです。

これからも機会があれば、どんどん活用していこうと思います。

譲ってくださった皆さん、ありがとうございました。