フレイル教室

 In 利枝子のささやき

笠寺福祉会館会館のフレイル教室に行ってきました。

この教室では、映像を別の部屋に送って一度でたくさんの方達に体操をしていただこうと、福祉会館のスタッフさんが考えたスペシャル教室でした。

初めての試みで私も興味津々でしたが、会館に行ったところスタッフさんが申し訳なさそうにこうおっしゃいました。

「先生申し訳ありません。今日は映像を写すのは無くなりました。別の会場用のエアコンが故障してしまい、この暑さなのでエアコンなしでは危険ですし残念ですが断念しました。」

それは大変、もちろんこの猛暑ですから仕方なしです。

と言うことで、いつもの教室になりました。

それでも久しぶりの教室だったので、来てくださる生徒さんたちとの再会は感動でした。

1時間の教室を入れ替えて2クラス開催させていただき、私の前には透明のカーテン越しではありましたが皆さんとたな惜しい時間が過ごせました。

このまま福祉会館が閉館しなければ、月1度のフレイル教室は12月まで続きます。

着替えて帰る前に事務所に挨拶をしに行ったら、スタッフの方が玄関まで来てくださり、「さっき利用者さんが入っていらっしゃって、加藤先生の車があるけどどうゆう事?と聞きにいらっしゃいましたよ。」と言われました。

通り掛かったら、私の車が駐車場に止まっているからびっくりして聞きにいらっしゃったようです。

今日の教室の説明をして、来月の教室のお話をしてくださったそうです。

来月いらっしゃるかもしれません。

私のことを忘れずに覚えてくださっている方がいるなんて、とても嬉しかったです。

早く以前のように皆さんと、毎週一緒に体操ができるようになることを心から祈るばかりです。

もう少しの辛抱です。

それまで頑張りましょうね。

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA