パラリンピック閉会式

 In 利枝子のささやき

パラリンピックが閉幕しました。

毎日本当に素晴らしいパフォーマンスを見せていただき、感動感動の毎日でした。

男子車いすバスケットボールの試合は、アメリカに後一歩のところで負けてしまい金メダルに届きませんでしたが、最後まで食らいつく姿は心打たれました。

視覚障害のある女子マラソンでは金メダル、自転車競技では50歳女子が2冠に輝きました。

インタビューを聞いてわかったのですが、どちらの方もとにかく明るい性格で笑顔がとても素敵でした。

前向きな性格でないと競技は続けられないと思うのですが、何よりも笑顔で話す姿に人に好かれる要素をたくさんお持ちなんだろうと思いました。

障害があっても明るく生きていらっしゃる、それは色々なことを乗り越えたからこその姿なのかもしれませんが、見習う事はたくさんあります。

日本で開催されたこの大会、きっと勇気と希望をもらった人がいっぱいいますね。

私のその一人です。

コロナでこの先どうなるのか不安になることが多々ありますが、この状況でも教室を続けてくださる生徒さんたちがいてくださることに感謝しなくてはいけません。

今必要としてくださる教室があることで、私自身の気持ちを保てています。

これからも一生懸命心を込めてレッスンさせていただきます。

閉会式のパフォーマンスに感動!!

ダンサーの衣装やダンスの種類、一人一人の個性が光ったショータイムはパラリンピックの閉会式ならではの構成でした。

もっと一人一人をじっくり見たかったですね。

ダンサーの中には障害のある方も多く参加していましたから、ここまで揃ったショータイムを作り上げるまでは並大抵な練習量ではなかったと推測します。

とにかく素敵な閉会式でした。

皆さん感動をありがとうございました。

このパワーをいただいて、明日からまた頑張ります!!

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA